HOME > Outsourcing > 【外注化】スーパーsohoさんに頼りきりだと危ない…
2017.08.14

【外注化】スーパーsohoさんに頼りきりだと危ないです!円滑に仕事が回る1つのポイントとは

Pocket

こんばんは、今井です。

 

しばらくブログの更新ができておりませんでした。

理由としては、主要な仕事を任せていたsohoさんが諸事情で仕事を辞めることになり

代わりになるsohoさんへの仕事の振り分け作業等、外注化の仕組みづくりに追われておりました。

 

今回の一件でたくさんの学びがありましたので、皆さんに情報をシェアさせていただきます。

1人のsohoさんに仕事を任せすぎないこと

今回の件で一番痛感したのが1人のsohoさんに仕事を任せすぎていたことです。

発送、仕入れ、その他細かい雑務等々..

たくさんの仕事を任せているsohoさんがいなくなることで、大きな穴が空いてしまいます。

 

今回のように1人のsohoさんが抜けたとしても、穴が大きくならないように1人のsohoさんに仕事を任せすぎないことが大切だと痛感しました。

同じ作業ができるsohoさんを複数人用意しておくこと

何らかの形で同じ作業ができるsohoさんを複数人用意しておくことで、sohoさんがいなくなっても、仕事が円滑に回ります。

もし、ある作業ができるsohoさんが1人しかいないとすると、そのsohoさんが抜けてしまった場合はその作業は自分がすることになってしまいます。

このようなことにならないためにも何らかの形で同じ作業ができるsohoさんを複数人用意しておくことをおすすめします。

まとめ

今回はsohoさんが抜けたとしても大きな穴が開かない仕組み作りについて書かせていただきました。

  • 1人のsohoさんに仕事を任せすぎず、複数人に同じ作業を分散して任せる

 

以上です。

仕事ができるsohoさんに仕事量が偏ってしまいがちになっている方は気をつけてくださいね。

抜けたときのリカバリーがとても大変ですので..

Pocket

関連記事