HOME > Column > 【eBay輸出】在庫管理ツールは本当に必要?…
2017.06.04

【eBay輸出】在庫管理ツールは本当に必要?

Pocket

こんばんは、今井です。

 

eBay輸出では無在庫販売が可能です。

 

ただ、無在庫販売と聞くと、一定数の方が「自動で在庫切れがわかる在庫管理ツールを使わないといけない。」と解釈してしまうことがわかりました。

 

たしかに、在庫切れがわかるツールを使うことで円滑に在庫管理をすることが可能ですが、果たしてそのようなツールは本当に必要なのでしょうか?

 

今回は在庫管理ツールについて僕なりの見解を書かせていただきたいと思います。

現状行っている在庫管理作業が煩雑であれば導入を検討

出品している商品が多く、現状行っている在庫管理作業が煩雑で時間がかかる..という状況であれば月額の在庫管理ツールの契約や在庫管理ツールの開発を検討すべきと考えています。

 

在庫管理ツールを使う目的としては、「在庫管理作業を効率化して手間・ミスを減らす」ということが目的です。

そのため、「現状行っている在庫管理作業が煩雑のためより効率化したい」という状況になってから、導入を検討すべきではないでしょうか?

 

販売を始める前からツールの導入を考えるよりもまずはエクセル、スプレッドシートなりで手作業での在庫管理をしながら、在庫管理ツールの導入を検討していけばよいと個人的には考えています。

そもそもツールでないといけないのか

在庫管理ツールを使う目的である「在庫管理作業を効率化して手間・ミスを減らす」

この目的を達成するためには必ずしもツールを使わないといけないわけではありませんよね。

 

ツールを使わずに目的を達成する方法の1つとして「在庫管理をsohoさんにしてもらう」という方法があります。

 

場合によっては在庫管理ツールの月額使用料・開発費用・運用コストと天秤にかけた時にsohoさんに在庫管理をお願いするほうが手間も費用もかからないことも少なくありません。

 

商品数が膨大すぎて、人の手だとミスが発生しやすい..という状態であれば在庫管理ツールを導入してもよいかとは思いますが、ただ単純に在庫管理の手間を省きたいということであればsohoさんに在庫管理をお願いするというのも方法の1つですよね。

まとめ

今回は在庫管理ツールについて僕の見解を書かせていただきました。

 

無在庫販売→在庫管理ツールが必要。という偏った考えではなく、在庫管理を円滑に行う方法はどのような方法がベストか。と視野を広げて考えるべきではないでしょうか?

 

ツールはあくまで目的を解決する方法の1つであることを忘れないようにいきたいですね(^^)

Pocket

関連記事