HOME > eBay > 誰でも正しい送料を請求できてバカ売れするeBayの…
2018.02.02

誰でも正しい送料を請求できてバカ売れするeBayの送料設定方法

Pocket

eBay、Paypalの登録が終わり、eBayの出品をしているけれど、送料設定がわからないと悩んでいませんか?
eBayは言語が英語なので、英語を翻訳して理解するだけでも一苦労ですよね。僕もeBay輸出を始めた直後は英語に苦しんだのでよくわかります。送料設定難しいなーと思いながら苦労して送料の設定をしていました。

今回は正しい送料の設定方法を紹介させて頂きます。この記事で紹介する送料設定をすると、正しい送料をお客さんに請求することはもちろん、eBayで売れる確率も上がります。更に初心者にありがちな送料が多くかかってしまい損する可能性を限りなく削ることができます。

なぜなら、この方法は商品を購入するお客さんのニーズを満たす且つeBayの検索順位が上がる送料設定しているからです。また、eBayの特殊な仕様に合わせているので、送料で損をする可能性を限りなく削った送料設定をしています。

この記事では損をせず、正確な送料を請求できる送料設定且つeBayで商品が売れやすくなる送料設定をご紹介します。
今後あなたはebayの送料設定で悩むことはありません。

送料設定をする目的

あなたは送料設定を行う目的を、送料で損をしないために行う認識ではありませんか?確かに送料が見積もりよりも多くかかってしまい損をすることを防ぐためにも、送料設定は正しく行うべきです。ただこれは当たり前の話です。送料設定を正しく行うことで売上は上がります。

eBayで稼ぐためにeBayで販売をしますよね?であれば売上が上がる送料設定をすることは重要であるはずです。正しい送料を請求する送料設定は誰でもできますので、折角なら売上が上がる送料設定を行いましょう。

正しく送料設定しているつもりでも損をすることも

日本郵便の国際郵便料金表とにらめっこをして正しく送料設定を行ったにもかかわらず、見積もりより送料が多く発生し、利益が削られてしまうことがeBayでは稀に発生します。理由はeBayはアメリカを基本として送料の設定をする仕様となっているからです。日本郵便の料金体系と噛み合わないんですね。具体的にはロシアとイスラエルなど中東へ発送する際に損をする可能性が出てきます。(そんなに頻繁に売れる国ではありませんが)

では前置きは終わりにして、売れる送料設定について紹介します。

売れる送料設定とは

商品を購入するお客さんのニーズを満たす且つeBayの検索順位が上がる送料設定をすることです。

お客さんのニーズにあった発送方法を全て提供すること

あなたの商品の属性によりけりですが、お客さんがあなたの商品を購入する時のシチュエーションは多岐に渡ります。例えばざっと考えるだけでも下記のような心情が考えられます。

  1. 知人の誕生日プレゼントに購入、早く届いてほしい
  2. 自分がプレイしたいゲームソフトを購入、早くプレイしたい
  3. 郵便事情が悪い国だから、追跡番号は必ずつけたい
  4. 届くのが遅くてもいいからとにかく安く購入したい

仮に複数のライバルセラーが販売している商品をあなたも販売しているとします。そしてあなただけが速達で送ることができる送料設定をしていたとします。この状況下であれば1,2のお客さんはあなたから購入することが考えられます。だって早く届けてほしいのですから。

高校時代の話ですが、今井はPS3のとあるゲームに大ハマリしていました。このゲームソフトはAmazonで予約購入しましたが発売日の2日後に届き、とても残念でした。いち早くゲームをプレイしたかったので、追加費用を払って早く届けてくれるサービスが提供されていたら間違いなく利用していたでしょう。

この当時の僕のように考えるお客さんはいます。(事実常連さんに新商品を毎回速達で購入されるお客さんがいます)商品を購入するお客さんのニーズに合わせた発送方法を全て提供することで、あなたから商品を購入する確率が高まります。また、後に記載する検索順位の向上にも繋がります。

eBayの検索順位(ベストマッチ)が上がる送料設定をすること

eBayの検索順位が上がると、商品ページのクリック率が上がります、結果多くのお客様に商品ページが閲覧され売れやすくなります。eBayの検索順位を上げるための方法の1つは送料無料の送料設定をすることで。eBayが検索順位を上げる要因の1つが送料無料設定にあると公表しています。更に送料無料を提供することでDSR(Detailed Seller Ratings)の「Shipping and handling charges」(送料と手数料)のレートが自動的に5つ星(満点)になりお客さんからの心象が良くなります。以上の理由から送料無料を導入することで売上増加に繋がります。

公式文章に記載されている下記に則って、速達発送(expedited shipping )の設定も欠かさず行いましょう。先程説明しましたね。

最適な発送方法と迅速な対応(expedited shipping option)などのサービスを提供することを検討ください。

発送までの期間を短くすること

注文から発送するまでの期間(ハンドリングタイム)を短くすることでもeBayの検索順位は上がります。上記に記載したキャプチャにも

取扱期間が同営業日もしくは1営業日以内

とすることでeBayが検索順位の向上に繋がることを公表しています。手元に商品がある有在庫販売であればeBayの推奨している同営業日(Same business day)もしくは1 business dayにすればよいでしょう。無在庫販売でれば同営業日、1営業日以内は難しいため2 business days、もしくは3 business daysをオススメします。理由はeBay Japanの担当者が

ハンドリングタイムは3日をオススメしています。

といったことに尽きます。ハンドリングタイムは3日から検索順位を引き上げる効果が強くなるのではないかと考察しています。よって今井はハンドリングタイムを3 business daysにしています。

返品を受け付けること

送料設定から離れてきましたが、重要なことなので記載します。返品を受け付けることでも検索順位は向上します。

購入から14日以内の返品と返金に応じるサービス~略を検討ください。

とeBayが公表している通り、返品を受け付けることは検索順位の向上に繋がります。返品は最低でもeBayが推奨している14日間は受け付ける設定を行いましょう。他にも検索順位を上げる方法は

  • Item specificsを全て入力する
  • 商品タイトルにお客さんが検索するキーワードを含める

などありますが、この記事の主題は送料設定ですので割愛させていただきます。次から具体的な送料設定について紹介します。

売れる送料設定はズバリこれ

送料設定をどうしたらよいかわからない!とりあえず出品したい!という方は出品する商品の価格とサイズに合わせて下記の送料設定をしてみてください。(具体的な送料はこちらのエクセルファイルに現在の為替を入力して算出します。)

1キロ以上の商品を中心に発送しない限り、送料で損をすることが少ない且つeBayの検索順位が向上しやすい設定となっています。送料で損をせず、市場の適正な価格で商品を販売するためにも、理想は商品の重量別に後述するShipping policies(送料設定)を作成することです。

  • 見積もりより送料が多くかかり損をする確率を限りなく0にすることができる
  • 余分に送料を請求せず、売れる確率を高める

商品の重量別にShipping policiesを作成することで上記が実現できますが、これは出品に慣れてきてからでよいでしょう。かなり設定が面倒ですので。

【追跡番号を付ける場合】価格が安い商品

  • 国際eパケットライト
  • 国際eパケット
  • EMS

上記3つの発送方法から1つ選択して購入してもらうパターンです。この送料設定は金額が低い商品に適用しましょう。なぜなら国際eパケットライトを含む送料設定だからです。国際eパケットライトは商品不着率が高く、商品代金をお客さんに返金する確率が高い発送方法です。1万超えの商品が不着で返金になるとお財布にも精神的にもダメージは大きいです。金額が高い商品は確実に届く発送で送るべきです。
*第二地帯国際eパケットライトの送料を商品価格に含めて出品をしてください。

【追跡番号を付けない場合】価格が安い商品

  • SAL
  • Air(航空便)
  • EMS

上記3つの発送方法から1つ選択して購入してもらうパターンで、EMS以外は追跡番号なしの発送方法です。あなたが出品する商品を既に販売しているセラーの大半が追跡番号をつけず発送している場合は、この送料設定をオススメします。なぜならこの状況で追跡番号をつけると価格がライバルセラーより高くなってしまい、売れにくくなってしまうからです。10ドル~50ドル程度の価格の安い商品は追跡番号をつけず発送するセラーも多いですね。(今井が扱う商品は価格が安いため、基本追跡番号をつけず発送します。)
*第二地帯SALの送料を商品価格に含めて出品をしてください。

価格が高い or EMSでしか発送できない商品

EMS発送だけをするパターンです。この送料設定は金額が高い、もしくはEMSでしか発送できない商品に適用しましょう。なぜならEMSは商品不着率が低い発送方法だからです。金額が高い商品の商品不着による返金確率は可能な限り下げるべきです。EMSで発送することで、商品の不着率を下げることができます。

仮に商品が不着になったとしても、EMSには保険を適用することができますので、商品の代金を日本郵に補填してもらうことが可能です。
*EMSの送料を商品価格に含めて出品をしてください。
*
今井は金額が1万円を超える商品を金額が高いと定義しています。

EMSでのみ発送できる商品

  • 全辺の合計が90cm以上
  • 1辺が60cm以上
  • 重量が2キロ以上

発送所外国設定

  • Africa
  • South America
  • APO/FPO
  • Asia→Japan
  • North America→Mexico

合わせて上記の国を発送除外国設定しておきましょう。ピックアップした国々は郵便事情が悪く商品の不着率が高いです。月に500件程発送する今井のアカウントのデータを元に、発送すればするほど赤字になると判断しました。よって発送除外国設定しています。

APO/FPOはAPO = Air Force Post Office (空軍郵便局)、FPO = Fleet Post Office (米国海軍郵便局)のことです。APO FPO宛に発送はできますが、日本郵便に問い合わせて対応する必要があり、面倒ですので除外しています。注文されることがそもそも少ないですが。

このブログで何度か紹介していますが、日本は必ず除外してください。あなたのアカウントを潰すために商品を購入し、Negative Feedbackをつける日本人セラーからの購入を防ぐことができます。僕は日本を除外してなかったので実際に被害に受けました。

現在はイタリアを発送除外国に追加するか悩んでいるところです。理由は不着率が高く、赤字につながっているからです。ただイタリアには人当たりがいい常連さんがたくさんいるので、除外すると申し訳ない気持ちから除外に踏み切れていません..

Business policies(ビジネスポリシー)を適用する

こちらのページを参考にBusiness policiesのPayment Policy(ペイメントポリシー)~Return Policy(リターンポリシー)まで作成していきましょう。Return Policyは検索順位を向上させるため30日 or 60日に設定することをオススメします。なぜなら30日以上に設定することで、更に売れやすくなるからです。

14日でも検索順位は向上しますが、14日に設定しているセラーは多々います。そのため30日以上に設定することでお客さんから購入されやすくなります。
*Business policiesとは出品する際に設定する「支払い」「発送方法」「返品」について予めテンプレートとして設定をしておくことで、出品が楽になる機能のことです。Business policiesを適用しなければ、Shipping Policy(送料設定)は作成できません。

Shipping Policyを設定する

Payment Policy~Return Policyまで作成が完了したらShipping Policyを設定していきます。今回実際に設定する送料設定は下記の2つです。

  • とりあえず早く出品したい!と思う人向けの【追跡番号を付ける場合】価格が安い商品パターン
  • 送料で絶対に損したくない!という方向けの重量毎に設定するパターン

あなたの状況に合わせて設定するShipping Policyをお選び下さい。Shipping Policyで設定する項目はこちらにまとめておりますのでご覧ください。

【追跡番号を付ける場合】価格が安い商品パターン

こちらに2018年2月時点の日本郵便の国際郵便の送料を追跡あり・なし・発送地帯・重量毎に表にしてまとめました。まずダウンロードしてください。ダウンロードしたら「為替・手数料設定」シートに現在の為替(ドル/円)を入力します。2018年2月7日の為替は109.08ドルなので、109.08と入力します。

入力した為替に基づき、eBay,Paypal手数料(15%)を含んだ発送送料(重量毎)が算出されます。今回は重量別で設定しないパターン且つ追跡番号付きの発送方法で設定していきます。
*大切なことなので2回書きますが、eパケットライトの送料を出品価格に入れて出品を行いましょう。でないとeパケットライトの送料分損します。

Domestic shipping(アメリカへの送料設定)

まずアメリカへの送料設定をしていきます。ダウンロードしたエクセルファイルのアメリカ(追跡付き)のシート→送料毎の価格差(平均(ドル)/eBay,Paypal手数料込みの値)を入力しましょう。

  • Economy Shipping from outside US(11 to 23 business days):eパケットライト
  • Standard Shipping from outside US(5 to 10 business days):eパケット
  • Expedited Shipping from outside US(1 to 4 business days):EMS

となりますので為替は109.08ドルとした時の送料は下記となるはずです。

  • Economy Shipping from outside US(11 to 23 business days):Free shipping(出品価格に含むため)
  • Standard Shipping from outside US(5 to 10 business days):$5.68
  • Expedited Shipping from outside US(1 to 4 business days):$17.62

※ハンドリングタイムは3日と設定していますが、ご自身が発送できる日数に合わせてください。
小数点が気持ち悪いので、切り上げしてそれぞれ6ドル、18ドルとしています。

International shipping(アジア・ヨーロッパの送料設定)

次はアジア・ヨーロッパへの送料設定です。南米、アフリカへは発送しませんので設定は行いません。

  • アジア(追跡付き)
  • ヨーロッパ(追跡付き)

アジア(追跡付き)、ヨーロッパ(追跡付き)のシートを開いて送料を入力していきます。アメリカの設定と同じく、送料毎の価格差(平均(ドル)/eBay,Paypal手数料込みの値)を入力しましょう。為替を109.08ドルとした時の送料は下記となるはずです。

  • アジア・ヨーロッパ共通:Economiy international Shipping:Free shipping(出品価格に含むため)
  • アジア:Standard Shipping:$0.75
  • アジア:Expedited Shipping:$8.19
  • ヨーロッパ:Standard Shipping:$5.68
  • アジア:Expedited Shipping:$20.75

ポイントはRussian Federation(ロシア)をヨーロッパの送料設定とすることです。eBayの仕様でロシアはアジアとみなされています。そのため個別でロシアの送料設定しないと、ロシアのお客さんから注文された時にアジアの送料を請求することになってしまい送料で損をします。ロシア以外の中東国から注文が合った場合は損をしてしまいますが、頻繁に注文がある国ではありませんので気にする必要はないでしょう。
*小数点が気持ち悪いので切り上げしています。

Exclude shipping locations(発送所外国設定)

  • Africa
  • South America
  • APO/FPO
  • Asia→Japan
  • North America→Mexico

先程説明した上記国々を発送対象国から除外します。除外国設定した国からは注文されなくなります。最後にSaveをクリックして保存しましょう。

重量毎に設定するパターン

100g、200g、300g..と100g刻みで1つずつShipping Policyを作成し、その重量の商品に適用することで送料で損すること、過剰に送料を請求することがなくなります。出品に慣れ、送料設定を細かく行う余裕が生まれた方はこちらで設定しましょう。


現在の為替を入力後、シートの下部にある下記項目の送料を重量別で入力します。あなたが追跡をつけるかつけないかに合わせてeパケットライトを採用するかSALを採用するかお選び下さい。こんな感じにShipping policyが作成されていくとわかるイメージを載せておきます。

Shipping Policyの適用方法

作成したShipping Policyを利用方法は、出品時に適用したいShipping Policyをクリックするだけです。これで送料設定は終了です!為替が大きく変動した時はShipping Policyで設定した送料を調整しておきましょう。特に大きく円安になると請求する送料に不足が生じるので、定期的に送料の見直しを行うことをお勧めします。

補足:発送で役に立つノウハウ紹介

  • 商品がお客さんの元に届かないので、商品の発送状況を確認する
  • 追跡情報が途絶えており、商品が紛失している可能性があるので商品の状況を確認したい
  • 商品が想定より重いので追加で送料を請求したい

eBay輸出を続けていると、必ず上記の対応をする必要が出てくるはずです。そのためこれらの対応方法にも見を通しておきましょう!

商品の発送状況を確認する

追跡番号付きの発送方法で送った場合は、追跡番号が付与されます。追跡番号を該当のWebサイトに入力することで商品がどこにあり、どのような状況なのか確認できます。お客さんから「商品届かないけど..」と連絡を頂いた際は、発送した国の追跡番号確認サイトを利用しましょう。なぜなら日本郵便サイトでは正しく追跡できない場合があるからです。よく発送するアメリカ、ヨーロッパのサイトを載せておきます。

商品が紛失している可能性があるので商品の状況を確認したい

国際eパケット・EMS等の保険がついている発送方法で発送して商品が途中で紛失した場合は、保険が適用されを日本郵便に金額を補填してもらえます。
※国際eパケットは6000円が上限です。EMSは2万円まで無償で補填となりますが、2万円以上補填してほしい場合は発送時に追加料金が必要になります。詳細はこちらから

一向にお客さんの元に商品が届かない場合は、商品の調査請求日本郵便に提出しましょう。商品の紛失が確認できれば保険が適用されます。下記のリンクから調査請求書をダウンロードできます。

商品が想定より重かったので追加で送料を請求したい

追加で送料を請求したい時はまずeBayのメッセージでお客さんに「追加で送料を請求したいこと」「請求する場合は送料がいくらになるか」を連絡しましょう。送料の請求に了承が得られたら、Paypalで追加送料を請求すればOKです。

Paypalにログインして、支払いと請求→顧客への請求→お客さんのPaypalメールアドレスを入力→請求する金額を入力→支払い請求をクリックすることで請求できます。

まとめ

本日はeBayで正しい送料を請求でき、売れる確率の上がる送料設定を紹介しました。

  • 送料無料の発送方法を含める
  • 速達(EMS)の発送方法を含める
  • ハンドリングタイムを3日以内にする
  • 返品を14日以上を受け付ける
  • ロシアをヨーロッパの送料設定にする

上記送料設定を行うことをオススメします。

Pocket

関連記事