HOME > eBay > 【eBay輸出】外注化を始めよう! Part3…
2017.05.07

【eBay輸出】外注化を始めよう! Part3

Pocket

こんばんは、今井です。

 

ゴールデンウィークも本日で最終日となってしまいました。毎年のことながら終わるのが早いですね..名残惜しいです。

 

 

今回ご紹介するのは、外注化におけるマニュアルの作成ポイントです。

 

マニュアルの出来1つでsohoさんの離脱率が大きく違ってきますので、マニュアル作成は外注化するにあたって重要なポイントの1つです。

 

またマニュアル作成には時間がかかりますので、へんてこなマニュアルを作ると再作成をするだけでも一苦労です^^;

 

 

マニュアル作成でお困りの方、どうやってマニュアルを作るのかわからないなどのお悩みがある方は

是非ご覧いただければと思います。

フォーマット

僕が利用するマニュアルのフォーマットは2つあります。

1. 動画

2. PDF

動画

僕がメインで使用するのは動画で大半のマニュアルは動画で作成しています!

 

理由としては、画面の動きを見せることができるため、わかりやすく伝わることと、文字がないためsohoさんが作業を難しく感じにくいからです。

 

テキストで作成されたマニュアルはじっくり読めば、わかりやすいのですが

丁寧に書きすぎると、文字量が多くなってしまい、パッとマニュアルを見た時にsohoさんが「なんだか難しそう…」と感じてしまい、結果作業に着手する前に離脱してしまう。

 

ということが僕の場合多々ありました。

 

せっかく採用しても、作業して頂く前に離脱してしまっては元も子もないですよね..^^;

 

 

動画マニュアルであれば文字はないため、とりあえず動画見ながら作業してみようか。

と作業を開始していただけるsohoさんが多くなり、マニュアルを読む前から離脱する割合をグッと下げることが出来ました。

 

ただ、動画マニュアルは後から内容の修正が難しい。というデメリットもありますので、初めに喋る内容、段取りをまとめておくなどの準備をしてから録画を開始してくださいね。

 

録画するソフトは色々ありますが、

WindowsであればTipCam、Bandicam

MacであればQuickTimeがおすすめです。

PDF

今後頻繁に修正が発生しそうな作業、工程を綿密に伝えたい作業の場合はPDFでマニュアルを作成します。

 

 

例を挙げるとすると、顧客対応のマニュアルがそうですね。

 

顧客対応はミスをしてはいけない重要な作業ですし、お客様にお送りする文章を順次テンプレート化したりと改良を重ねていくマニュアルになりますので、こういった作業はPDFで作成すべきだと僕は考えています。

 

動画マニュアルと比較するとかなり作成に時間がかかりますが、時間をかければかけるだけわかりやすいマニュアルになるかと思いますので、重要な作業のマニュアルはPDFで作成することをおすすめします。

 

PDFマニュアルを作成するソフトはGoogleドキュメントかワードであればOKです!

まとめ

本日は外注化におけるマニュアルの作成ポイントをご紹介させていただきました。

 

動画、PDF共にメリットデメリットがありますので、お任せする作業の内容に合わせて

使い分けながらマニュアルを作成してみてください!

 

次の記事では求人タイトルの付け方、採用後sohoさんとどうやりとり進めていくのか書かせていただきます。

Pocket

関連記事