HOME > eBay > もしかしたら損してるかも?eBayの請求書は毎月確…
2017.06.17

もしかしたら損してるかも?eBayの請求書は毎月確認しよう

Pocket

こんにちは、今井です。

 

eBayから毎月20日頃に出品手数料、落札手数料等の請求書(INVOICE)が送られてきますが、皆さんは内容を確認していますでしょうか?

 

eBay輸出初心者さんの中には「英語で請求項目が記載されているし、面倒くさい、わからないからいいや..」と請求項目を確認していない方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

もし確認をされていないのであれば、今後は必ず確認していただくべきです。

本来自分が必要ないと考えている項目が請求されている可能性があるからです。しかも初心者さんほど本来必要ない項目が請求されていることが多いかと思います..

 

今回の記事ではeBayから送られてくる請求書の項目を説明させていただきながら、確実に確認していたきたいポイントをご紹介させていただきます。

※手数料の計算方法等については今回は割愛させていただきます。

項目の紹介

Previous balance

先月のeBayに支払った請求金額です。

Insertion fees

商品を出品すると発生する出品手数料です。

 

契約しているストアによって金額が異なります。

ストア毎の出品手数料の詳細ついてはeBayの公式ページをご覧ください

Advanced listing upgrade fees

オプション手数料です。

商品の画像を拡大させるギャラリープラスや、タイトルとは別にサブタイトルをつけたり、タイトルを太字にしたり、2つのカテゴリーで出品をしたりといったオプションをつけると発生する手数料です。

この項目の記載があるかを確実に確認して頂きたいです。

 

オプションについてはほとんどの方が利用しないかと思いますので、こちらの項目が請求書に記載されていた場合は間違えてオプションをつけて出品してしまっている可能性があります。

 

出品に慣れている方であればあれば、間違えてオプションをつけて出品することはそうそうないかと思いますが、eBay輸出を初めたばかりの初心者さんやsohoさんに出品をしてもらっている場合は、作業ミスでオプションをつけてしまうことが考えられます。

 

実際に僕もsohoさんのミスで大量の商品にオプションがついていて、多額の請求をされたことがあります^^;

 

オプションについての詳細はeBayの公式ページをご覧ください。

 

出品数によっては多額のオプション手数料が請求されていることもありますので、毎月こちらの項目の記載があるかどうか確認していただくことをおすすめします。

Final value fees

商品が売れると発生する落札手数料です。

 

ストア契約をしているのであれば、商品金額の4-9%が落札手数料として請求されます。

4-9%と幅があるのは、出品した商品のカテゴリーによって落札手数料が異なるからです。

落札手数料の詳細はeBayの公式ページをご覧ください。

Subscription and onetime fees

契約してるストアの月額利用料です。

ストア契約金額についてこちらをご覧ください。

まとめ

本日はeBayから送られてくる請求書の各項目についてご紹介させていただきました。

 

確実に皆さんにご確認頂きたい項目は「Advanced listing upgrade fees」です。

もし、オプションをつけたはずがないのにAdvanced listing upgrade feesが請求されているのであれば、間違えてオプションをつけて出品をしていますので、オプションを取り外す作業を行って下さい!

取り外さないと、以降毎月オプション手数料が請求されてしまします。

※出品期間がGTCである場合のみ

 

オプションを取り外す作業方法については次回の記事で紹介をさせていただきます。

Pocket

関連記事