HOME > eBay > 【eBay輸出】File exchange(ファイ…
2017.07.25

【eBay輸出】File exchange(ファイルエクスチェンジ)で出品をしてみよう! Part4 PicURLの入力について

Pocket

こんばんは、今井です。

 

本日はファイルエクスチェンジで商品画像URLを入力する項目「PicURL」の記入方法について解説します。

1枚の画像を追加する場合であれば、ただ画像のURLを入力するだけでOKですが、複数の画像を追加する場合は少し入力に工夫が必要です。

 

更に関数を使うことで、とても簡単に画像URLの入力が可能となります!

 

では早速解説していきます。

「|」で画像URLを区切りながら追加

複数枚の画像を追加する場合は「|」で画像URLを区切りながら追加します。

例えば

  • http://A.jpg
  • http://B.jpg
  • http://C.jpg

 

上記3つの画像を追加する場合は、PicURLに

http://A.jpg|http://B.jpg|http://C.jpg

といった感じで「|」で画像URLを区切りながら入力します。

※画像は最大12枚まで追加ができます。

画像URLの入力をスムーズに行うコツ

画像を追加する度に毎回「|」を入力しながら一つづつ画像URLを入力するのは骨が折れる且つミスに繋がるので、関数でスムーズに入力できるようにしていきましょう!

 

関数は「IF関数」と「&」利用することで、スムーズに入力ができるようになります。

 

「入力した画像URLが空白でなければ「|」を追加して画像URLを連結する。」という式を組むことで、画像URLを入力するだけで「|」を追加した画像URLを自動で生成し、PicURLに生成した画像URLを自動入力させることができます。

 

数式の具体例を下記に記載しますので、ご参考になれば幸いです。

 

 

関数に慣れていない方は難しそう..と感じるかもしれませんが、とても簡単な式です!

If関数と&の使い方がわかれば誰でもできます(^^)

まとめ

今回はPicURLの入力方法とスムーズに入力するコツを解説させていただきました。

 

  • 「|」で画像URLを区切りながら追加
  • 「IF関数」と「&」利用することで、スムーズに入力ができるようになる

 

上記2点がポイントです!

※関数を使うとなると拒絶反応を起こす方もいらっしゃるかと思いますが、ファイルエクスチェンジを使うためにはある程度関数が使える必要があります。

 

また、関数が組めないとスムーズに価格改定、在庫管理ができないことも多いですので

関数に知識のない方は簡単な関数からでよいので、関数の使い方に慣れていくことをオススメします(^^)

Pocket

関連記事