HOME > eBay > 【eBay輸出】設定しないと損!Expedited…
2017.07.05

【eBay輸出】設定しないと損!Expedited Shipping(速達)設定のススメ

Pocket

こんばんは、今井です。

 

日本人が利用する主なeBayの配送設定は「Economy Shipping」「Standard Shipping」「Expedited Shipping」の3種類があります。

 

eBayの配送設定と国内で利用する発送方法をリンクさせると一般的には下記のようになりますね。
※今回の記事では下記のように発送を定義させていただきます。

 

  • Economy Shipping→SALor国際eパケットライト
  • Standard Shipping→航空便or国際eパケット
  • Expedited Shipping→EMS、DHL、Fedex

 

EMSやDHL、FedEx等の安全に商品が届く方法で発送したい商品は、配送設定が「Expedited Shipping」のみに設定されているのは問題ありません。

 

ただ「航空便」や「国際eパケット」で発送するから「Expedited Shipping」をそもそも設定していない。という状態であれば、非常にもったいないことをしています。

Expedited Shipping(速達)を選択できるようにしよう

お客様の中には商品を速達で届けてほしいと希望される方が一定数いらっしゃいます。
商品のジャンルにもよりますが「プレゼントを渡す日に間に合わせたいから」という理由で速達を選択されるお客様が多いです。
ホリデーの時期になると、このような注文が顕著にでてきますね。

他は所得の高い方で「ただ早く商品がほしいから速達がいい。」というケースもあります。

 

航空便やSALで基本発送している商品で「Expedited Shipping」を選択できない場合は、上記速達を希望されているお客様の大半を逃している可能性が高いです。

※「Expedited Shipping」を設定していない場合でも、速達発送ができるか問い合わせを頂く場合がありますが、わざわざ問い合わせされる方は少ないです。
理由は「問い合わせるの面倒くさいし、速達で発送してくれる他のセラーがいればそこから買おう。」と判断するお客様が大半だからではないかと想定しています。

 

上記お客様からご購入頂くためには「Expedited Shipping」を選択できるようにするだけなのですが、こんな簡単なことが売上アップにかなり関係してきます。

もし「Expedited Shipping」が選択できない状態であれば、すぐにでも選択できるようにしておきましょう!

既存の出品商品にExpedited Shippingを一括追加する方法

方法は3つあります。

  1. 利用しているシッピングポリシーにExpedited Shippingを追加
  2. シッピングポリシーを利用していなければ、以前紹介した一括商品情報の修正でExpedited Shippingを含めた発送方法を再度設定
  3. ファイルエクスチェンジでExpedited Shippingを含めた発送方法を再度設定

 

シッピングポリシーを利用しているのであれば、利用しているシッピングポリシーに「Expedited Shipping」を追加するだけでOKです。

 

ただ、シッピングポリシーを利用していない場合は少し手間です。2か3の方法で発送方法を再設定する必要があるからです。

商品数が多くない場合は、2の方法でスムーズに設定できますが、商品数が膨大にあるとこの方法でも手間ですので、ファイルエクスチェンジを利用して発送方法を再設定することをオススメします。

 

肝心のファイルエクスチェンジの利用方法についての説明はもう少々お待ち下さい…
書くためにはかなり気合をいれる必要がありますので^^;

 

殆どの方が1か2の対応で問題ないかと思いますが笑

まとめ

本日はExpedted Shippingを選択できるようにすることで売上げアップに繋がるという内容で書かせていただきました。

 

速達で配送してほしいお客様からの注文を頂くために、Expedited Shipping(速達)は必ず選択できるようにしておきましょう!

また当然ですが、商品ページにも速達で送ることができる旨を記載しておいてくださいね。

Pocket

関連記事