HOME > eBay > eBayのアカウント保全について Part1…
2017.04.18

eBayのアカウント保全について Part1

Pocket

本日から少し、eBayのアカウント保全について書かせていただきます。

 

eBay輸出はプラットフォーム販売ですので、アカウント保全がとても重要になってきます。

 

アカウントのステータスが悪い状態になると、販売手数料が上がってしまったり、出品制限をかけられたり、リミットアップできなくなったりと、良いことは1つもありませんので

しっかりとアカウントを健全な状態に保っていきましょう。

 

ご自身のアカウントステータスはこちらよりご覧いただけます。

 

今回の記事ではまず、eBayのアカウントステータスの紹介をしていきますね。

アカウントステータス分類

eBayのステータスは下記4つの指標で決まります。

 

・取引数

・出荷遅延率

・追跡情報のアップロード率

・Transaction defect rate

・Cases closed without seller resolution(Seller resolutionで解決しなかった取引割合)

 

 

そして、上記指標毎にステータスが計算され、下記3つのステータスのどれかに判定されます。

 

1. Top Rated Seller(TRS:トップレイテッド・セラー)
2. Above standard(アヴァーブ・スタンダード)
3. Below standard(ビロー・スタンダード)

1. Top Rated Seller(TRS:トップレイテッド・セラー)

Top Rated Sellerは最もアカウントステータスがよい状態です。

このステータスになれるよう努力をする形になります。

 

Top Rated Sellerになると下記のようなメリットがあります。

 

・出品掲載場所の向上(検索結果が上位に表示されたりと、多くのお客様の目に触れやすくなる)

・落札手数料の割引(ハンドリングタイムが1日の場合のみ)

・eBayアカウントの横に金色のバッジがつき、Top Rated Sellerであることがひと目でわかるようになる

 

Top Rated Sellerになることで、必然的に売上もあがります。

2. Above standard(アヴァーブ・スタンダード)

Above standardは良くも悪くもない状態です。

 

デメリットは特にありませんので、Top Rated Sellerを目指して

お客様に親身な対応を心がけて下さい!

3. Below standard(ビロー・スタンダード)

Below standardはアカウントのステータスが悪い状態です。

このステータスになると本当に厄介です。

 

・自分の商品の検索結果が下位に表示され、商品がお客様の目に触れにくくなる

・出品数の規制が入り、最悪出品の出品できなくなる場合がある

・リミットアップができないorリミット枠が抑制される場合がある

・落札手数料の5%引き上げ(2017年5月より)

 

等のかなり大きなデメリットがあります。

 

なんとしてでもBelow standardにはならないよう気をつけてくださいね。

間違いなく利益が大きく減少します。

まとめ

本日はeBayのアカウントステータスについてご紹介させていただきました。

 

重要なことなので、2回言いますが、最下位のBelow standardにはならないよう本当に気をつけてください。

※ちなみに僕はBelow standardにはなったことはありません。

 

次回はこれを踏まえた上で、どうやってアカウントを保全していくか書かせていただきます。

 

 

僕が何百件とトラブルに対応して、身につけた方法となりますので

Below standardになりがちな方、アカウント保全について関心がある方は

是非ご覧頂ければと思います!

Pocket

関連記事