HOME > Column > 輸出ビジネスなんてホントにできるの?…
2017.03.31

輸出ビジネスなんてホントにできるの?

Pocket

こんにちは、今井です。

今回は皆様が思っているであろう輸出ビジネスの不安を解消させていただきたいと思います。

 

皆さんは『輸出』と聞くとどのようなイメージを持たれるでしょうか?

 

『コンテナで大量の荷物を船で輸送する』

『英語の読み書きができないとムリ』

『大きな会社がやるものだ』

 

きっとこんな大規模で難しいイメージをされるかと思います。

実際、僕も始める前はこんなイメージを持っていました。

 

結論から言うと、実際は上記のような大規模なコンテナ輸送や、英語の読み書きのスキルは必須ではありません。

1つ1つ説明をさせていただきますね。

発送はとても簡単

それほど大きくない商品であれば近所の郵便局から海外に発送することが可能です。

重量が軽い商品だと100円を切るくらいの価格で発送できます!

 

とっても安いですよね?

最初僕も『こんなに海外に送る送料って安いんだ』と驚きました。

発送も『ゆうパック』や『定形外郵便』を送るのと大差はありませんので、文字が書ける方であれば海外に発送することは可能なんです。

 

ただ、海外に発送するということで、宛先や商品名は英語で記載する必要があります。

この点は郵便局の職員さんに聞くことで、とても丁寧に教えて頂けますのでご安心頂ければと思います。

 

余談ですが、僕は輸出ビジネスを始めるまで国内ですら商品を郵送した経験がありませんでした笑

英語は翻訳ツールで対応できる

まず初めに、僕は英語が得意ではありません。

せいぜい中学生レベルの英語が理解できるレベルかと思います。

いや、中学生レベルでも怪しいかもしれません…笑

 

こんな僕でも下記の翻訳ツールを使えば海外のお客様とメッセージのやり取りが問題なく出来ました。

すべて無料です!

Google翻訳

ご存知の方も多いと思いますが、Googleさんから提供されている翻訳ツールです。

左右の窓にそれぞれ英語・日本語を入力することで英訳・和訳ができます。

 

機械翻訳なので、多少の間違いがある時もありますが、とても素晴らしい精度で翻訳ができます。

ざっくりとした英語の文章を翻訳する時に非常に便利です。

Conyac

こちらのサイトは日本語を英語に翻訳したい時にとても参考になります。

有料で翻訳頂くこともできるようですが、僕は無料でしか利用しておりません。

 

今までに翻訳された履歴を検索する機能があるのですがこれがとっても便利です。

 

検索窓に自分の翻訳したいキーワードを入力することで、キーワードと関連のある文章が表示されます。

この中から自分の翻訳したい文章に近いものを選んで、単語だけ書き換えればOKです。

Weblio

こちらのサイトは単語を翻訳する時にとても便利です。

Google翻訳より精度がよく、僕はGoogle翻訳で誤訳っぽいな。と感じた時にこちらのサイトで

調べるということをしています。

使い方はConyacと同じく、翻訳したいキーワードを検索するだけです。

Google翻訳では翻訳しきれないようなニッチなキーワードでも翻訳することが可能です。

まとめ

輸出ビジネスはパソコンがあれば誰でもできます。特別なスキルは必要ありません。

今回の記事で『発送が個人でも簡単にできること』『英語も翻訳ツールを使うことで翻訳ができること』がお分かりいただければ幸いです。

 

また、慣れない英語も数をこなしていくと翻訳ツールなしでも英和訳できるようになってきますので、自分の成長を日々感じることができ、楽しみながらビジネスに取り組めると思います!

 

次の記事では商品を販売する方法についてご紹介させていただきます。

Pocket

関連記事